クルーズ情報のあれこれを共有するブログ

フナタビログ

ダイヤモンドプリンセス旅行記

⑧2019年ダイヤモンドプリンセス韓国・四日市旅行記【6日目:横浜に帰って来た!】

投稿日:

2019年6月28日(金)~7月3日(水)にかけてダイヤモンドプリンセスの「気軽にショートクルーズ四日市と韓国6日間」というクルーズ旅行に行ってきました!

今回は6日目、横浜帰港について紹介します。長くも早いダイヤモンドプリンセスクルーズもついに終わりです。

最終日は下船するだけ

\これまでの記事はこちら/




6日目:いつの間にか横浜に到着

ショートクルーズ6日目。最終日は8時までに部屋を出ないといけません。次の乗船のための清掃が入るからです。

起床後は着替えて荷物の最終チェック。手提げかばんなどを持って、指定の集合場所に集まります。

集合場所や時間については、最終日までに客室に案内の紙が届きます。ちゃんとチェックしておきましょう!

 

ちなみに最終日の朝食会場は以下の通り。

  • ホライゾンコート14階後方 5:30~9:30
  • インターナショナルダイニング6階後方 6:30~8:30
  • サンタフェダイニング6階中央 6:30~8:30

ルームサービスは利用できません。

 

私たちは朝食をとらず、そのまま集合場所のバーラウンジに向かいました。

ほどなくして下船の案内があり、横浜のターミナルまで歩きます。建物内では入国チェックの列ができていましたが、5分も待ちませんでした。

横浜ターミナルは預けたスーツケースと人でいっぱい。そこから自分のスーツケースを見つけます。スーツケースにはカラータグがついているので、難なく探せるかと思います。

スーツケースをゲットしたら、あとは帰るだけ!

 

わたしたちは佐川急便のSGムービングサービスを利用したので、佐川の受付テーブルに向かいます。ここで名前をチェックして、荷物を預ければほぼ手ぶらで家に帰ることができます。

SGムービングサービスは予約していなくても、カウンターに行けば対応してもらえるそうです。

荷物が多くて帰るのが大変…という方は利用してみるといいでしょう。

SGムービングサービスについては「SGムービングの使い方を画像で紹介!手ぶらでクルーズ乗船【2019年】」のページで詳しく紹介しています。

SGムービングクルーズ
SGムービングの使い方を画像で紹介!手ぶらでクルーズ乗船【2019年】

続きを見る

 

横浜ターミナルから桜木町までバスが出ているようですが、両親はタクシーを利用。30分ほどで羽田空港についたそうです。

最終日は下船がメイン!

 

初めてのダイヤモンドプリンセス旅行のまとめ

今回わたしたち家族3人は初めてクルーズ旅行に参加しました。半年前から着々と準備を進めていましたが、実は色んな不安がありました。

特に私は心配性なので、「乗船に時間がかかって体調が悪くなったらどうしよう…」「酔って気分が悪くなったら…」「ご飯がマズイって噂あるけど本当かな」とか、今となってはどうでもいい不安を抱えていました。

しかしジュニアスイートからプレミアムスイートにランクアップしたおかげで、優先的に乗船ができたり、広いお部屋でくつろげたり、不安は1.2日で消えました。

途中気分が悪くなることもありましたが、すぐにベッドで休めば回復したので、体力がない私でもクルーズ旅行を楽しめました。

 

ちなみに、英語力はあるていど必要です。アクティビティやショーは基本英語なので、英語が分からないと楽しめない部分もあります。またスタッフの接客が、外国の人と日本人とで差があるように感じました。

ないがしろにされている訳では無いけど、良い対応もされない感じ。なんだかなーと思う場面がありましたが、それなら自分の英語力を磨けよという話ですね。

 

思うところはありましたが、家族もとても楽しんでいたようです。最高の思い出ができたと共に、またクルーズ旅行に参加したいという新しい目標も生まれました。

来年はむりでも、再来年あたりまたクルーズ旅行がしたいです!

 

最後にダイヤモンドプリンセス旅行の良かったところ、悪かったところをまとめました!

良かったところ

  • 食事は基本的に美味しい(当たり外れがある)
  • いつでも好きな時間に食事ができるのは最高
  • 乗客はシニアが多い。(マナーの悪い人は見なかった)
  • 休みたい時に休めるのが嬉しい
  • アクティビティは豊富
  • 暇な時間さえも楽しい

悪かったところ

  • 愛想のないスタッフがちょっと怖かった
  • 寄港日はアクティビティもなく暇
  • 英語ができなければつまらないアクティビティもある

悪かったところと言っても、クルーズ側が悪いというより私の気が弱いだけ、準備不足なだけですね。

今回のダイヤモンドプリンセス旅行記2019年が、初めてクルーズ旅行に参加する人の参考になれば幸いです。

 

\これまでの記事はこちら/

-ダイヤモンドプリンセス旅行記

Copyright© フナタビログ , 2019 All Rights Reserved.